赤レンガ通信第10号

赤レンガ通信第10号

赤レンガ通信第10号を発行します。

残暑お見舞い申し上げます。皆様、お変わりないでしょうか。
さて、本年1月の市川市大久保博市長の定例記者会見が話題を呼びました。「市川市行徳にある野鳥観察舎の存続と国府台の赤レンガ建築物の保存を、所有者である千葉県に求めていく」というものです。突然の表明で、私たちも驚きました。

↓ダウンロードはこちらから

コメント



認証コード7295

コメントは管理者の承認後に表示されます。