FrontPage

最新のトピックス

1/26 [赤レンガ・フォーラム2018] 盛況&終了!

1月26日(金) 市川市真間の市川ルーテル教会で開かれた「赤レンガフォーラム2018」が、85名という参加者の下、講師の貴重な提言と活発な意見交換がなされ、盛況下で終えることができました。

今年度の赤レンガ見学会が中止となり、「赤レンガは壊されてしまうのか?」といった不安の中で開かれたこのフォーラム、市民どうし話し合ってみれば、国府台周辺の地理的、歴史的、文化的環境を抑えた、様々な発展的な政策展望が開けてきました。詳細は追って報告書を作成することになります。

なお、当日参加者合意の下で、「2018赤レンガ・アピール」が承認されましたので発表します。

赤レンガの保存と活用のアピール文

赤レンガの保存と活用のアピール文.pdf

赤レンガをいかす会の活動

 わたしたちは、貴重な戦時遺産であり文化財的遺産でもある赤レンガ建築物を甦らせるために、保存し、有効活用したいと願って、2010年に市民団体「赤レンガをいかす会」を結成し、千葉県民に広くその存在を知って頂くともに、千葉県や市川市との協議を進めています。

赤レンガに埋もれた戦争の歴史

 かつて市川は、旧日本陸軍の錬兵場を中心とした軍都でした。ここからはたくさんの兵士が戦場へと狩り出されて行きました。その悲惨な運命を見つめ続けてきたのが、旧陸軍武器庫として明治時代に建てられた赤レンガ建築物です。

赤レンガ建築物の今.....

 澄んだ大空に包まれる千葉県市川市の江戸川流域、その豊かな水の流れと広大な斜面を彩る緑が市民の心を和ませる市川市国府台の景観.....その緑深い台地の中、旧千葉県血清研究所の跡地に赤レンガ建築物は今もひっそりと佇んでいます。

赤レンガを平和・環境・文化活動の拠点へ!

 この戦争遺跡の赤レンガ建築物を保存し、平和と文化と環境をテーマとした創造と交流の拠点に生まれ変わらせたい。それが私たちの願いです。

赤レンガ

最新のトピックス見出し

更新情報